▶投資初心者が自動売買FXを使って3日で6000円稼いだ話【こちらから記事を読む】

『遭遇』第38話 ラッキーデーのネタバレ!すべてが順調にいくラッキーな日、でも最後は…




「漫画村の代わり」となる漫画読み放題サービスまとめています▼
>>>漫画村が閉鎖!代わりとなる漫画読み放題サービス・アプリをまとめてみた

無料で遊べるめちゃくちゃ楽しいスマホゲームをまとめています▼
>>>【無料】マジで面白いおすすめソシャゲアプリランキング!

ピッコマで読める『遭遇』の「ラッキーデー」という回のネタバレを書いていきます。

遭遇とは人間の恐怖を描いたピッコマ限定の漫画です。オールカラーで読むことができます。

人間の恐怖を描いた『遭遇』という漫画が鳥肌が立つぐらいヤバい!第4話『こどもの目』ネタバレあり!

ピッコマ

ピッコマ
開発元:Kakao Japan Corp.
無料
posted withアプリーチ

第38話 ラッキーデー

中村「はい。ジョイスメディカルの中村です。」
「はい。一ノ瀬チーム長、お世話になっております」
「えぇ、はい。でしたらこれからサンプルお持ちしますよ」
「はい」

と車内で仕事のアポイントメント電話をしています。

中村「いえ全然。もちろんですよ」
「とりあえず詳しいことはお会いしてから直接お話します」
「えぇ」

中村「うっしゃ!大物1件!」
「これで3ヶ月は遊んで暮らせるぜ!」
「このまま順調にいけばな~」

と、上手くアポがとれて喜んでいます。

すると、急に知らない番号から電話がかかってきました。

プルルルル~
プルルルル~

中村「はい。ジョイスメディカル中村です」
看護師「XX産婦人科です。中村香苗様の旦那様でしょうか」
中村「あ…えぇ。産婦人科ですか?」

産婦人科から電話がかかってきたようです。

看護師「えぇ、奥様が旦那様に電話がつながらないとおっしゃってまして」
中村「あ…ちょっと通話中で…どうされました?」

看護師「奥様が外出中に破水されて こちらに救急でいらしまして」
中村「はい?今ですか?」
看護師「はい。たった今いらっしゃいました」
中村「でも…予定日はまだじゃ…」
看護師「ひとまず早くいらして頂けますか?」

中村「わかりました。すぐに向かいます」
「あーったく…やべぇよ…どーしよ…」と焦っていると、また電話がかかってきました。

プルルルル~

見るとXX大学付属病院からでした。

中村「はい。ジョイスメディカル中村です」
「あ、院長。こんにちは」
「はい?500ですか?」

またしても大物と取引が取れそうな様子でウキウキしています。

中村「いえいえそんな。こちらは有り難い限りですよ」
「えぇ、あ…今ですか?」

と、院長から今すぐ会えないかと連絡が来ました。

困りながらも中村は「あ、いえ全然…わかりました。では後ほど」
「はい。はい。では失礼します」と仕方なく、院長と会う約束をしてしまいます。

中村「ヤッベェよ…どーすんだよ」
「なんでよりによって今日なんだよ…」

中村は信号を待ちながら考えています。

中村「2か所寄ってったら…結構かかるよな…」

と、時計を見ると時刻は「3:07」です。

中村「ハー…マジでどーしよ…」

プー
プップー

気づいたら信号は変わっていて青になっていて、後ろの車からクラクションが鳴らされました。

中村「行くっつーのクソったれ」と苛々しながら発進します。

中村「…香苗もわかってくれるよな…とりあえず金は稼がねーとだし…」
「生まれてくる子の為でもあるしな とりあえずお義母さんに連絡して…」

自分を納得させて、院長との予定を優先させました。

夕方に院長との約束が終わり、奥さんの所へ向かいます。
中村「急げ急げ」

プルルルル~
プルルルル~

中村「はい。ジョイスメディカル中…」
看護師「XX産婦人科です お急ぎになられた方が…今どちらですか?」
「破水して時間が経ってからいらしたので…危険な状態です」

電話で話を聞きながら、中村は焦りながらも車を走らせます。

やっと病院に到着し、急いで奥さんのもとへ向かいます。

看護師さんの言葉がたまによぎります
看護師(母子ともに現在…)

中村「クソッ!クソッ!!」と奥さんが入院している病室まで走ります。

看護師(心の準備を…お願い致します…)
中村「そ…そんな…」

エレベータに乗ろうとしますが、12階まで上がっています。
中村(まさかこんなことになるとは思ってもなかった…なんてバカなんだ俺は・・・!)

と奥さんを後回しにした自分を責めています。

エレベーターは諦めて、階段から病室へ向かいます。
中村(香苗1人で病院に行かせて…クソッ!たかが金ごときで…)

ダッ
ダッ

必死に階段を上ります。

中村(大丈夫…きっと何も起きてないはずだ…きっと…)

やっと病室に着き、扉を開けます。

ガラッ

病室で香苗が眠っていました。
お義母さんもベッドの横に座っています。

中村「フー…良かった…」
「遅くなってすいません お義母さん」
「赤ちゃんは…無事ですよね?」とお義母さんに聞きます。

お義母さん「…」
お義母さんは何も答えません。

中村は新生児室前にきて廊下から鏡越しに自分の赤ちゃんを確認します。

「中村準太」「中村香苗」と書かれたベッドには肌の黒い赤ちゃんがいました…

終わり。

最後に

どうでしょうか。

「ラッキーデー」のネタバレを書きました。母子共に無事に済んで「ラッキー」なことが続いていたのですが、生まれた子どもが黒人の子どもで、自分の子供ではないという事が分かり、最後にはそれらを越える「アンラッキー」があったというバッドエンドな物語です。

『遭遇』は、「ラッキーデー」以外にも面白い話がたくさんあるので、気になった方は、ぜひ読んでみてください。

ピッコマ

ピッコマ
開発元:Kakao Japan Corp.
無料
posted withアプリーチ

漫画読み放題サービスをまとめてみたので参考にしてみてください。
>>>漫画村が閉鎖!代わりとなる漫画読み放題サービス・アプリをまとめてみた2018年

また、こちらの記事では無料で遊べるめちゃくちゃ楽しいスマホゲームをまとめました。
>>>【無料】マジで面白いおすすめソシャゲアプリランキング!最新作や人気作をジャンル別にまとめてみた!



当サイトおすすめ記事




2 件のコメント

  • オチの解釈ですが、赤ちゃんが死んでいたのではなく、黒人の赤ちゃんだったので自分の子供ではない、という事が分かり、母子共に健康でラッキーだったのに最後にアンラッキーになった、と言うことみたいです。
    もし死産だとしたらさすがに他の赤ちゃんと一緒に新生児室には置けませんからね、、笑

    • りーぬ様

      コメントありがとうございます。再度読んでみました。確かに、りーぬ様の解釈が合っていたので、内容変更させていただきました。この度は、ご指摘ありがとうございました(^^)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)