『suchmos(サチモス)』が目標にしているアシッドジャズバンド『Jamiroquai(ジャミロクワイ)』とは?有名曲は?

SPONSORED LINK



ホンダのCMで話題が爆発中のsuchmos。

ASIAN-KUNG‐FU‐GENARATIONの後藤正文さんや元SKE48の松井玲奈さんなど多くの芸能人から注目されている。

そんなsuchmosの音楽のルーツに注目してみました。

 

id=”suchmosとは”>suchmosとは

Suchmos(サチモス)は、日本のバンド。2013年、神奈川県出身者を中心に結成。バンド名の由来は、ジャズミュージシャンのルイ・アームストロングの愛称サッチモ。ロック、ソウル、ジャズ、ヒップホップからの影響を受けた音楽性を持つバンドである。
(wikipedia参照)

とにかくおしゃれなバンドで、ボーカルのヨンスは韓国人?なんていわれることがありますが、生粋の日本人です。

また、ヨンスと言えばジャージのイメージが強いと思いますがこれはある人物の格好を真似ています。

その人物は後程、記述していきます。

 

幅広い層から人気

suchmos人気は凄く、おじいちゃんおばあちゃん世代から、今の中高生まで幅広い音楽層を持っています。

ジャズやソウル、ブラックニュージックを取り入れた音楽に、流行りのストリートカルチャーをふんだんに使ったルックスで、いい意味でバンドらしくなくバンドです。

また、suchmosの音楽はシティポップと呼ばれていて、今、日本中で流行っているジャンルです。

他にシティポップバンドと言えば、以下が有名です。

・Yogee New Waves
・Nulbarich
・WONK
・The fin.
・never young beach
・D.A.N.

そんなシティポップの火付け役のsuchmosにもルーツがあります。

それはジャミロクワイというバンドの存在です。

 

Jamiroquaiとは

ジャミロクワイ(Jamiroquai)は、イギリスのバンド。アシッドジャズの世界では最も成功したグループのひとつ。その初期の音楽活動においてインコグニート、ブラン・ニュー・ヘヴィーズ、ガリアーノ、コーデュロイ等のロンドンを本拠地とした面々と共に、1990年代始めのアシッドジャズ界を代表するものとなった。その後のアルバムは、ポップ、ロック、エレクトロニカ等ジャンルを限定しないもので、以前とは違った音楽的方面を模索してきた。世界中で3500万枚以上の売り上げがある。
(wikipedia参照)

イギリスのバンドで、CMでも使われているので聞いたことがある人も多いかもしれません。

CM曲はこちらです↓


Jamiroquai – Virtual Insanity (Official Video)

このJamiroquaiのハットの方をヨンスがリスペクトしています。

 

ちなみにこの人のことをJamiroquaiと勘違いしている方が多いかもしれませんが、Jamiroquaiはバンド名で、本名はジェイソン・ケイ(Jason Kay)さんという方です。

 

Jamiroquaiの影響が

確かにJamiroquaiの音楽を聴いているとsuchmosのJamiroquai愛が読み取れます。

ヨンスのライブパフォーマンス一つとってもどこかJamiroquaiをイメージできるところがあります。

そんなヨンスがアディダスのジャージを着る理由にも、Jamiroquaiのジェイソン・ケイの影響があると言われているそうです。

ちなみに二人の直用ジャージはこちらです。

Jamiroquaiの有名曲は

上記でも貼りつけたVirtual Insanityが一番有名だと思います。

それ以外に有名曲を紹介していきます。

まとめ

どうでしょうか。

susuchmosとJamiroquaiの関係性について紹介しました。

susuchmos好きならJamiroquaiも気に入ると思いますので、ぜひ併せて聴いてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)