高学歴なのに仕事が出来ない人の特徴と対策は?

SPONSORED LINK



高学歴なのに仕事ができない…という人には共通点があります。

これは、高学歴が重視されるのは、就活まで、社会に出ると学歴はそれほど重要視されません。

学歴が低い人でも上に行くことができますし、その逆もしかりです。

もちろん高学歴だと社会では、待遇されますし、仕事が出来る人の方が多いと思います。

ですが、実際に仕事をしてみて、「あれ、こんなはずでは」と思ったり、思われたりすることがある人もいます。

私の周りでも、高学歴なのに仕事の出来が悪い方がいます。そういう人はどこにでもいるんですね。

そんな高学歴の特徴を述べていこうと思います。

プライドが高い

高学歴の人の中には学歴だけで判断する人が少なからずおり、自分よりも年下の上司や自分よりも学歴の低い相手に対して、見下している部分があります。

また、仕事をしていると「どうして、自分の方ができないのか」と思う時があるかもしれません。

もちろん仕事にもよりますが、例えば、高卒だけど経験が長い人とまだ2、3日しか仕事をしていない高学歴の人が同等の仕事を出来るわけがありません。

しっかりと年下の上司に仕事を教えてもらってください。

 

協調性が欠ける

個人としての能力は確かに高いかもしれないが、会社は一つの組織です。

時には人に合わせないといけません。

高学歴の人は「どうして自分が相手に合わせないと行けないんだ」と思うかもしれませんが、人に合わせることは社会に出る上では当たり前のことです。

理不尽なこともあるかもしれませんが法律を除けば会社の一員として仕事をする上では、会社の規律や風潮に則って行動していく必要があります。

柔軟な対応ができない

いくらマニュアルやルールを完璧に覚えたとしても、社会に出たら、柔軟な対応が必要となってきます。

ここが高学歴の人が陥りやすい特徴です。

マニュアルのマニュアルなんてありませんのでそこは経験していけば慣れてくると思います。

まとめ

少しでも当てはまる人は自己分析が出来ているので、まだまだ改善の余地はあります。

他人事と思わず、変えれるところは少しずつ変えていけば元は優秀なので仕事なんてちょちょいのちょいだと思います。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)