ボードゲーム初心者におすすめ!簡単で楽しいボードゲーム7選!

SPONSORED LINK



巷でボードゲームが流行っていますよね。街でもよくボードゲーム屋さんを見かけるようになりました。

「ちょっと興味あるし行ってみたい」と思っても、ボードゲームはかなり種類があり、難しいものから簡単なものまであります。

ボードゲームを始めたいけど、「どのボードゲームで遊べば良いかわからない」という方のために、今回は初心者でも楽しめるおすすめのボードゲームを紹介します。

 

カタン

概要

プレイ人数:3~4人
プレイ時間:約120分

世界のボードゲームの中で2000万個以上の販売数を誇る超大ヒットゲーム! シリーズの基本となるスタンダード版です。カタンという無人島を舞台に、拠点となる開拓地(家)を建ててそこから島全体を開拓していきます。対戦相手との開拓競争で、最初に10点取った人が勝者になります。 具体的には、サイコロによって獲得した資源で開拓地を建てていきます。必要な資源が集まらない時は対戦相手と資源の交換をしましょう。積極的にコミュニケーションでゲームを有利に進めることができます。小学生から遊べるほど簡単なルールでありながら、大人もハマるボードゲームの決定版です!

引用:Amazon

ボードゲームの王様です。とりあえず、ボードゲーム屋には必ずあります。

このゲームはかなり心理ゲームです。ルールは単純で、アイテムを使い10点取得を目指すのですが、何パターンも方法があるのが醍醐味です。

また、このゲームはマップを変えることができるので、毎回違う展開が楽しめるのもポイントの一つです。

 

ブロックス-BJV44

概要

プレイ人数:2~4人
プレイ時間:約20分

「ブロックス」は、タイルを角が接するように置いていくロジカルなゲームです。 【特長】・タイルを角が接するように置いていくロジカルなゲームです。・賢い人ほど勝てる! ・世界中の玩具祭を席巻し、賞を総なめしたフランス生まれのテリトリー戦略ゲーム! ・ピースを途切れないように盤へと置いていき、最後にたくさんピースを置けた人が勝利!

引用:Amazon

ルールは簡単で、マスにたくさんのピースを置いた人が勝ちです。ピースの形は様々なので、以下に、相手の邪魔をしながら置いていくのがポイントです。

このゲームは単純そうに見えて、最後の最後にうまくつなげられなくなったりと、意外と奥が深いゲームです。

 

ザゲーム第2版-完全日本語版

概要

プレイ人数:1~5人
プレイ時間:約20分

封印されている悪魔のあまたの僚属たちがうごめきだした。このままでは悪魔が復活する!
それを阻止するため、あなたがた悪魔バスターの面々は、みな協力してそうした僚属たちを倒していかねばならない。
あなたがたの協力が功を奏し、充分な数の僚属たちが倒されたなら、悪魔の復活は阻止され、平和が保たれるだろう。
ベストを尽くし、1匹でも多くの僚属たちを倒すのだ!

引用:Amazon

ルールは簡単で、手番になったら手札の数字が書かれたカードを場に並べていき、全員で協力してできるだけ多くのカードを場に出すゲームです。

ただし、カードを並べる列は1の列が2か所、100の列が2か所、ここから1の列は100まで、100の列は1までそれぞれカードを昇順・降順で並べなければなりません。

適当にプレイするとすぐに行き詰ってしまいます。

また、このゲームの難しいところは、具体的な手札の数字を話してはいけないルールなので、上手にお互いの意図を把握し合ってゲームプレイする必要があります。

 

赤ずきんは眠らない

概要

プレイ人数:4〜6人
プレイ時間:約15分

「おやすみなさい」をしてそのまま狼に襲われないまま眠れば得点できるが、
狼に襲われてしまうと狼に得点を奪われてしまうことに!
狼に襲われそうだと思った時は、「トラップ」を仕掛けることで、
得点はできない代わりに狼に襲われたときの被害をなくすことができる。
「はらぺこ狼」を「トラップ」で撃退するか、「おやすみなさい」で得点するか?
手軽に心理戦が楽しめるカードゲームとなっている。

引用:Amazon

このゲームはルールは簡単なので、小さい子供から大人まで楽しめるゲームます。

また、ゲームもあまり時間がかからず勝負がつくので、空いた時間に一つやるのもいいかもしれませんね。

箱が可愛いのでインテリアとしてもオススメです。

 

コヨーテ-日本語版

概要

プレイ人数:2〜10人
プレイ時間:約15~30分

【カードを見るな、顔を見ろ! ?】(BR)自分「以外」のプレイヤーのカードを見て、少なくとも何匹のコヨーテがこの場にいるか推理します。(BR)ポイントは相手の表情を読むこと! でもあなたの表情も、誰かに読まれていることをお忘れなく。

引用:Amazon

ルールは、ほぼインディアンポーカーと同じです。ルールも簡単で、みんなでわいわい遊べます。

僕もキャンプに持って行ったのですが、かなり盛り上がりました。ケースもコンパクトですし、1つ持っていてもいいかもしれませんね。

 

それはオレの魚だ

概要

プレイ人数:2~4人
プレイ時間:約20分

子供から大人まで楽しめる定番中の定番ゲームが、ポケットサイズの日本語版になって登場! 箱のサイズは小さくなっても中身は全く同じまま! プレイヤーはペンギンの群れを操り、氷原の魚を取り合っていくが、魚を捕るたびに氷原は小さくなっていくため、自分の担当するペンギンたちを、どのように移動させていくかがポイントとなる。相手のペンギンの動きをうまく封じつつ、自分のペンギンたちの周りをできるだけ広く確保していこう。簡単で知的、そして見た目もかわいく魅力的なファミリー向けの傑作ゲームだ。

引用:Amazon

このゲームは、一番魚を多くとった人が勝ちです。自分のコマである、ペンギンを動かして、魚を取りますが、たくさん取るのは、相手を邪魔しながら進める必要があります。ちょっと頭を使いますね。

パッケージもかわいいので、プレゼントにもいいかもしれませんね。

こちらの記事で詳しく書いていますので、気になったら併せて読んでみてください。
www.awaawa01.com

 

ナンジャモンジャ

概要

プレイ人数:2〜6人
プレイ時間:約15分

ロシア生まれの爆笑カードゲーム

ユーモラスな謎生物『ナンジャモンジャ』の12種類のカードをめくり思い付いた名前をつけ、同じものが出たらその名前ををコールするゲーム。

コールするのが笑ってしまうようなおかしな名前をつけたり、名前を思い出せそうで思い出せなかったりと、4才から大人まで幅広い世代で楽しめる手軽でエキサイティングなカードゲーム。

引用:Amazon

12種類のナンジャモンジャに自由に名前を付けて、たくさんカードを手に入れた人の勝利です。

記憶力と瞬発力だけが必要なゲームです。ちなみに僕は苦手です笑

詳細はこちらの記事を書いていますので、併せてご覧ください。
www.awaawa01.com

 

まとめ

どうでしょうか。初心者におすすめのボードゲームをいくつか紹介しました。

どれも簡単で面白いものばかりなので、旅行やキャンプに持っていったら、盛り上がること間違いなしです。

ぜひ、ボードゲームライフを楽しんでください。

一人で遊ぶなら、このボードゲームがおすすめです!
www.awaawa01.com

都内で遊べるボードゲーム屋さんの詳細はこちら。
www.awaawa01.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)