【レビュー】【2万円台】『Zenfone 4 MAX』がコスパ最強のスマホである7つの理由。

SPONSORED LINK



こんにちは。とれもです。

ASUSの『Zenfone 4 MAX』が発売されました。電気屋さんで触っていたら欲しくなったので買いました。せっかくなのでレビューします。

 

Zenfone-4-MAXとは

2017年12月08日にASUSから発売されたSIMフリーのスマートフォンです。

スペックはこちら

名称 ZenFone 4 Max (ZC520KL)
OS Android 7.1
CPU Snapdragon 430 MSM8937
内蔵メモリ 32GB
メモリ 3GB
SIM情報 SIMフリー (nano-SIM)
インターフェース microUSB
バッテリー容量 4100 mAh
画面サイズ 5.2 インチ
画面解像度 1280×720
背面カメラ画素数 1300 万画素
前面カメラ画素数 800 万画素
幅x高さx厚み 73.3×150.5×8.7 mm
重量 156 g

 

買った経緯

僕がこのスマホを購入した経緯は…

 

使っていたスマホが壊れたため。

 

今まで『Zenfone2 laser』という機種を使っていたのですが、数時間前に壊れました。電源がつかない状態です。前から再起動が勝手にかかってしまっていて、そろそろ機種を変えたいと思っていたので、電気屋さんで見ていたら『Zenfone 4 MAX』を見つけたのでそのまま衝動買いしました。

ちなみに『Zenfone2 laser』と『Zenfone 4 MAX』はSIMカードの大きさが違ったので、SIMカードをそろえる必要があります。

 

実際に開けてみた

f:id:rse3:20171213135212j:plain

子どものころから新しいものを買うとわくわくするんですよね。今回も童心に戻った気持ちで開封していきます。ちなみに箱は水色ですが、中身は黒です。

f:id:rse3:20171213135226j:plain

開けるととこんな感じです。

 

f:id:rse3:20171213135240j:plain

中身はこれですね。ケーブル類が白で統一されています。僕の持っているケーブル類は全て黒なのでなんだか新鮮です。

 

設定が楽

f:id:rse3:20171213135254j:plain

以前のスマホは使えない(電源がつかない)し、また新しく入れてたアプリを取って、設定をしないといけないのかと思っていたのですが、今はメールアドレスさえあれば、簡単にクラウドからバックアップできるんですね。数分で今まで使っていたスマホと同じ中身になりました。超便利ですね。

 

使ってみて良かった7つのこと

1-持ちやすい

大きすぎず、小さすぎず、持ちやすいサイズなところが◎。
ポケットにもすっと入るし困ることはなさそう。

2-電源が横にあるので不用意にボタンを押すことがない

f:id:rse3:20171213135830j:plain

上記でも記載したのですが、僕が以前使っていた『zenfone2 laser』は上に電源ボタン
がついており、ポケットに入れると勝手に電源がつくことがありました。

それに比べて「Zenfone 4 MAX」は電源ボタンが横にあるので、安心してポケットに入れることが出来ます。

3-艶が出てかっこいい

f:id:rse3:20171213135904j:plain

見てください。かっこよくないですか。僕がASUSが好きな理由の一つでデザインにあります。このままインテリアとして飾りたい笑

4-デュアルカメラなので写真撮影がより楽しい

f:id:rse3:20171213135844j:plain

デュアルカメラって知っていますか。簡単に言えば、近く(人)を撮る用と遠く(景色)などを撮る用の2つのカメラのことを言います。どちらも専門性が高まったカメラなので、カメラ好きは嬉しい機種ではないでしょうか。

僕も少しカメラをかじっているので、時間を見つけてカメラ機能をいじりたいと思います。

5-大容量バッテリーで外出時も安心

バッテリー容量が何と4100mAhです。普通のスマホの約2倍長く使用することが出来ます。

さらに、こちらのスマホをはなんと充電器としても使うことができます。このスマホにつなぐだけで繋いだ端末を充電することが出来ます。

タブレットやPCを普段使用している方には特におすすめですね。

6-2枚のSIMカードを搭載

f:id:rse3:20171213140937j:plain
これを奥まで差し込むと…

f:id:rse3:20171213140943j:plain
SIMカードを入れるところが出てきます。

DSDS(デュアルスタンバイ)対応なので、二つのキャリアを使えます。例えばLINEモバイル(電話なし)+DOCOMOカケホーダイを使うこともできます。組み合わせ方によって、月々の電話料が安くなる可能性もあるのでかなりアツいです。僕もちょっと検討してみます。

7-とにかく値段が安い

このクオリティで実売価格は2万4800円。この値段でこのコストパフォーマンスはお釣りがくるレベル。流石ASUSですね。HUAWEIのスマホと迷っていたのですが、こちらを買って正解でした。

 

使ってみて気になった所

充電時間が長く感じました。電池容量が普通のスマホの1.5倍ほどあるのでその分、充電時間に時間がかかります。

ただ、携帯充電器も持ち歩いているのでよっぽどの事がなければ、早く充電しないといけないということはなさそうです。

 

まとめ

『Zenfone 4 MAX』のレビューをしました。まだ買って数日しか経っていないので、あまりいじれてないのですが、また何か思ったことがあったら記事を書いていこうと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)