【レビュー】『siroca 電気圧力鍋 SP−D121』が1人暮らしに最高の神アイテムだった!

SPONSORED LINK



時間のない主婦や一人暮らしに必須な神アイテムを手に入れたので紹介します。

それはこちら↓

具材と調味料をぶち込んでセットするだけで何でも出来ちゃいます。

僕も半信半疑で購入したのですが、本当に出来たので、めちゃくちゃ使っています。

sirocaとは

sirocaとはどんなメーカーか軽く紹介します。

「ていねいに、うつくしく、こだわって」をコンセプトにキッチン家電を販売しているメーカーです。圧力鍋の他に、オーブントースターや、電気ケトル、コーヒーメーカー、ジューサー等もあります。

2000年創業なので、もうすぐ20年目のメーカーですね。

実際に買ってみた!

えんじ色のデザインがかなりおしゃれですね。

白もあったはずですが、汚れが目立つってことでえんじ色にしました。

艶があってかっこいいですね。

レシピ本が超役立つ

レシピ本が付いているのですが、59レシピが乗っています。ま

カレーやぶり大根、ミネストローネなど和洋何でも出来ちゃいます。

実際に圧力鍋で料理を作ってみた

圧力鍋にはレシピ本がついてきます。

レシピ通り作れば超美味しい料理が出来るという代物です。

今回作るのは「手羽元と卵のさっぱりお酢煮」です。

上記で、レシピ通りで美味しく出来ると記載したのですが、今回作るにあたってちょっとだけアレンジしました。

もちろんアレンジしてもちゃんと出来ますよ。

用意したのはこちらです。

  • 手羽元
  • 手羽先
  • 卵×4
  • 大根
  • 砂糖
  • 醤油
  • みりん

これだけです。大根は家にあったのでかさ増しですね。そして、肉と卵の量も違いますので、少しレシピと違いますね。

最初に手羽を軽く蒸します。

手羽と水を入れてセットして、蓋をしめます。

蓋を閉める時は注意!

説明書読めばわかるのですが、蓋の○と本体の○を合わせて、ロックまで反時計回りに回すだけです。

カチッと鳴るまで回してくださいね。

こんな感じ。

茹で上がったら水を捨てて、残った手羽と卵、大根、調味料をぶち込んでボタンを押せば完了です。

実際に圧力鍋で作ったので動画で紹介

文章だと見づらいと思ったので動画を貼ってみました。

「手羽と卵と大根のさっぱりお酢煮」をどんな感じで作るかはこちらを見てください。

最後に

圧力鍋を買ってめちゃくちゃ料理を作るようになりました。

と言っても、材料をぶち込んでボタンを押すだけ。時間がない主婦の方や一人暮らしの方まで、幅広く利用できる製品かと思います。

料理の効率化を計るためにも一家に一つあってもいいかもしれませんね。

最後に僕が作った料理を箇条書きして終わります。

  • 煮物
  • ポトフ
  • お酢煮
  • ゆで卵
  • 茹で鳥

今後も色々な料理を作りたいと思います。

皆さんもチェケラ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)