▶【当サイト限定】2000円引きでデリバリーを利用する方法

押見修造おすすめ作品まとめ!新作から名作まで紹介!




こんにちは。とれも(@toremoro33)です。

日ごろから漫画をたくさん見ているのですが、個人的には好きな先生が、森恒二先生と押見修造先生の作品です。

今回の記事では、押見修造先生のおすすめ作品を紹介しますね。

とれも
面白い作品ばかりなので全部読んでほしい!

押見修造とは

日本の漫画家で、1981年生まれで、群馬県出身だそうです。

ウィキを見ると、吃音で言いたいことが言えなかったので、漫画という形で表現することができたらしく、自身が吃音でなければ漫画家にはなれなかったかも知れないと言っているそうです。

知名度がある作品は「惡の華」や「漂流ネットカフェ」ですかね。

もちろん上記先品以外にもおすすめ作品が多数あるので、この記事で紹介していきます。

デビルエクスタシー

悪魔的魅力の巨乳風俗嬢500人が在籍する、ナイトメア・ヘルス「デビルエクスタシー」へようこそ……!! 幼い頃、巨乳の女の子に「私は本当は悪魔なのよ」といたずらされたノボルは、それ以来女性恐怖症になっていた。このままでは一生童貞のまま。あせる友人と偶然見つけた風俗へ足を踏み入れたノボルは、初めて胸をキレイだと思った、微乳のメルルに恋をする。一方、友人の高橋は、絶頂を味わい翌日死亡した。彼にいったいなにが!? 引用:Amazon

男の精魂を吸い取ると言われている「サキュバス」が運営する風俗店の話です。

ギャグもありつつ、ラブコメもあり、もちろんエロもあります笑

男性の欲を上手に描いていて、男性は共感するところもあるかと思います。

エロ美しい悪魔・サキュバスの魅力をぜひ堪能してください。

「デビルエクスタシー」を試し読みする

ユウタイノヴァ

解き放て、自分自身を! 幽体離脱はキモチイイぞ。青春オカルティック・ストーリー! ──とあるキッカケで「幽体離脱」できる能力を手に入れた大学生の桂木晴(ハル)。毎晩、向かうは元彼女の部屋。話したり触ったりはできないが、彼女の全てを見ることができる。ただ見るだけ……それで十分幸せだった。あんな場面を見るまでは!? アニメ化もされた青春漫画の傑作『悪の花』連載前の押見修造が描いた、超常人気の問題作!! 引用:Amazon

主人公の大学生が幽体離脱をすることに成功。欲望のままに進んでいきます。

こちらも男性の心をリアルに描いています。

もし、幽体離脱をして、建物に自由に入ることが出来たらあなたはどうしますか。

「ユウタイノヴァ」を試し読みする

漂流ネットカフェ

エロと純愛が同居する独特の作風で、多くの支持者を持つ押見修造。ふと入ったネットカフェで初恋の人に再会した土岐耕一、29歳。再会を喜ぶふたりだが、ネカフェの外の街が消えてしまった。宿命のふたりの他にネカフェに居た、オタクや暴力男、生意気な小僧やギャルにサラリーマンなど、日常では接点が無い人々を巻き込んで繰り広げられる、突発的空間断絶ラブストーリー!! 引用:Amazon

漂流教室のネットカフェ版です(パクリなのかな笑)

漂流教室は子ども達ですが、この作品は大人なので、考え方もひと味違っています。

残された耕一の奥さんが可哀相…

「漂流ネットカフェ」を試し読みする

惡の華

ボードレールを愛する、文学少年・春日高男(かすが・たかお)。ある日、彼は、放課後の教室に落ちていた大好きな佐伯奈々子(さえき・ななこ)の体操着を、思わず盗ってしまう。それを、嫌われ者の少女・仲村佐和(なかむら・さわ)に見られていたことが発覚!!バラされたくない春日に、彼女が求めた“契約”とは……!?話題沸騰!!奇才・押見修造が描く背徳的純愛ストーリー! 引用:Amazon

名作中の名作です。敢えて説明はしません。

読んでください。

「惡の華」を試し読みする

ぼくは麻理のなか

友達が一人もいない大学生の≪ぼく≫の唯一の楽しみは、コンビニで見かけた名も知らぬ女子高生を定期的に尾行すること。いつものようにその娘を尾行していたら突然記憶が飛び、≪ぼく≫はその娘のベッドで寝ていて、≪ぼく≫はその娘になっていた。その娘は≪麻理≫という名だった――。『惡の華』『漂流ネットカフェ』で話題の押見修造最新作。「漫画アクション」にて連載。 引用:Amazon

コンビニで見かけた気になる女の子になってしまうというお話です。男性は麻理として過ごすことになるが…

「君の名は。」っぽい作品ですが、最後の展開はかなり衝撃的な内容でした。

「ぼくは麻理のなか」を試し読みする

ハピネス

謎の少女に襲われ、決断を迫られたあの夜──。幸せでも、不幸でもなかった僕のありきたりな日常は、跡形もなく壊れてしまった…。首筋に残った“傷”。何かを求めて、止まない“渇き”。冴えない高校生だった、岡崎を待ち受ける運命とは…!? 引用:Amazon

吸血鬼ものですが、押見先生の作品はどこか捻っているので「こんな展開かい!」と思わせられるような作品です。

「ハピネス」を試し読みする

血の轍

「惡の華」「ハピネス」「ぼくは麻理のなか」「志乃ちゃんは自分の名前が言えない」など、傑作を次々と世に送り出してきた鬼才・押見修造氏が、ついに辿り着いたテーマ「毒親」!

母・静子からたっぷりの愛情を注がれ、平穏な日常を送る中学二年生の長部静一。しかし、ある夏の日、その穏やかな家庭は激変する。母・静子によって。狂瀾の奈落へと!

読む者の目を釘付けにせずにはおけない、渾身の最新作!! 引用:Amazon

現在、連載中の作品です。息子に対する愛情が行き過ぎたヤバい作品です。

過去ここまで衝撃的な作品は見たことがありません。ぜひ読んでください!

「血の轍」を試し読みする

最後に

押見先生のおすすめ作品を紹介しました。

面白い作品ばかりなので、ぜひ読んでみてください。



YouTubeも観てね!

【2020年9月】アマゾンプライムビデオおすすめ映画4選【Amazon Prime video・アマプラ・Amazonプライム】

アマプラで毎月配信される作品の中で、これは観るべき作品を厳選した動画を紹介しています。

これ以外にも、ジャンルごとにおすすめ映画を紹介しているので、良かったら観てください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)