▶投資初心者が自動売買FXを使って3日で6000円稼いだ話【こちらから記事を読む】

Suchmosやオカモトズともコラボ!KANDYTOWN 呂布とは!




Suchmos(サチモス)の1st Full Album「THE BAY」にGIRL feat. 呂布という曲があります。

この呂布って何者?と思い、調べているとなんとあの有名アーティストともコラボをしていました。

今回はそんな呂布に注目してみました。

「呂布」とは

フリースタイルラッパーで、KANDYTOWNに所属しています。

すでに解散してしまいましたが、以前はOKAMOTO’Sのメンバーが所属していたズットズレテルズというバンドでラップをしていました。

クラブやライブハウスはもちろん、スタジオコースト、武道館などの大型の会場でもライブ実績があり、トラックからラップまですべて作っているそうです。

なんでもクリエイティブにやっている印象ですね。

2016年4月には完全自主制作で1st EP『All in One EP』をリリースしています。

 

「呂布」は「KANDYTOWN」に所属

上記でも軽く触れたのですが、KANDYTOWNという総勢16名のHIPHOP集団に所属しています。

メンバーは以下の通りです。

B.S.C:ラッパー
DIAN:ラッパー
DONY JOINT:ラッパー
GOTTZ:ラッパー
HOLLY Q:ラッパー
IO:ラッパー / フィルム・ディレクター
菊丸:ラッパー
DJ MASATO:DJ
MIKI:ビートメイカー
MUD:ラッパー / ビートメイカー
NEETZ:ラッパー / ビートメイカー / エンジニア
呂布:ラッパー / ビートメイカー
DJ WEELOW:DJ
YOUNG JUJU:ラッパー
YUSHI:ラッパー / ビートメイカー

KANDYTOWN 『Kruise』インタビュー | ガジェット通信 GetNews

ラッパーのみならず、DJやビートメイカーなど、様々な才能を持った人物が所属している音楽集団です。

メンバーが16人もいると、なかなか全員の予定が合わなそうですね笑

YUSHIはドカットという別名を持っており、現OKAMOTO’Sメンバーが所属していた、ズットズレテルズにも所属していました。

2015年2月14日にマンションから転落し亡くなっています。

KANDYTOWNの楽曲はこちら↓

KANDYTOWN – R.T.N

2016年に発売されたKANDYTOWNのフルアルバム『KANDYTOWN』は超名盤なのでぜひ聴いてほしいです。

「呂布」と「呂布カルマ」との関係は?

呂布カルマという人物はご存知でしょうか?

同じくラッパーで、最近はフリースタイルダンジョンにも出演していて、かなり知名度がある方ではないでしょうか。

まぁ、見ての通り名前に呂布がつきます。

呂布と呂布カルマ…この2人関係あるの?

と思いますが、関係性はないです笑

ただ名前がちょっと似てただけでした笑

「呂布」とコラボしたアーティスト

呂布はラップだけではなく、色々なバンドとも交流があり、コラボも多数あります。

Suchmos(サチモス)

Suchmos – GIRL feat. Ryohu [Official Music Video]

Suchmosともコラボしました。

この曲を聴いて、ラップが入ったSuchmosもいいと思ったのはおそらく私以外にもいるのではないでしょうか。

と言うぐらい楽曲にマッチしていました。

また、コラボしてほしいものです。

OKAMOTOS(オカモトズ)

OKAMOTO'S 『NEKO(Remix) feat.呂布/MUD』MUSIC VIDEO

OKAMOTO’Sともコラボ曲を発表しました。

上記でもちらっと記載したのですが、OKAMOTO’Sの所属していたズットズレテルズから呂布を知っている人は念願のコラボで歓喜したのではないでしょうか。

僕はこの曲が出た時かなりテンションがあがりました。

Base Ball Bear(ベースボールベアー)

Base Ball Bear – クチビル・ディテクティヴ PV

この曲は、チャットモンチーの福岡晃子も呂布と共に共演しています。

Base Ball Bearはロックバンドですがこのコラボでジャンルの垣根を超えたのではないでしょうか。

呂布はBase Ball Bearの武道館や日比谷音楽堂でも一緒に共演しています。

ちなみに、ido feat.呂布という楽曲も出しています。

「呂布」のソロ曲もクールでかっこいい

呂布 / "Car Race" – SLEEPERS FILM

こちら呂布のソロ楽曲なんですけど超かっこよくないですか!

僕は正直呂布カルマよりも好きです笑

個人的には「Blur」というアルバムが最高なのでぜひ聴いてみてください。

最後に

フリースタイルのみならず音源もリリース、また、有名アーティストとのコラボ楽曲も発表している呂布の活躍にこれからも注目していきたいです。



当サイトおすすめ記事




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)