▶【当サイト限定】1000円引きでデリバリーを利用する方法

VYONDの価格は高い?安く購入する方法を解説【10%OFFクーポン情報あり】




最近YouTubeでアニメーション動画を見かける機会が多くなりました。サラリーマンYouTuberのサラタメさんが利用しているやつです。

で、この動画を作るにはVYONDというアニメーションソフトが必要です。

このソフト、サラタメさん以外には、ハック大学さん、クロネコの部屋さん、きあちゃんねるさん、新もっと知りたいワダイさんなども利用しているアニメーションソフトです。

さっそく僕も購入して、動画をいくつか作ってみました。

『パラサイト半地下の家族』の感想と解説|タイトル・水石・計画に秘められた意味とはなにか?【おすすめ映画・ネタバレありレビュー・考察】

大ヒット作、『パラサイト 半地下の家族』の動画を作ってみました。動画編集初心者でも、このレベルの動画を作る事ができるのは凄くないですか?

僕が出来るんだったら誰でも出来ますね。

とれも
良かったらチャンネル登録よろしくお願いします。

さらにVYONDの嬉しいポイントは、顔出し、声出しなしで動画を作ることができる点です。

僕は、副業ブロガーなので、会社にバレないように基本自分の事は、公開していません。なので、僕みたいな方にはぴったりですね。

で、このVYONDの気になる価格はどのぐらいなのか紹介していきます。

VYONDの価格は高い?

引用:https://animedemo.com/order/

さっそくですが、VYONDの価格は、日本の代理店で購入すると税込み16万5千円/年です。

他社サービスと比べると圧倒的にVYONDの価格は高いですよね。

補足

上記のシートは、アカウントの数を表しています。1シートで1度に2人で利用することは出来ないので、2人以上で利用する際には、2シートから購入する必要があります。

Twitterでもググってみたら、同じように料金が高いと言っている方が多いですね。

そして、残念ながら代理店で、1ヶ月や半年単位で購入することは不可能です。なので、購入する際は16万5千円で購入する必要があります。

ただ、値段が高いからこそ、参入出来る人は限られているのはメリットかと思います。最近は知名度が上がってきていますが、この値段で尻込みをしている方が多い印象です。

なので、動画で差をつけたいという方はVYONDの購入する価値はあるのではないでしょうか。

さらに、この記事を読んでくれた方のために、下記ではVYONDを安く購入する方法を紹介します。

VYONDは直営店が安い!

上記で紹介した価格は代理店の値段です。

本来、VYONDはアメリカのGoAnimate.com,Inc.という会社のサービスなので、ここから直接購入した場合、比較的安価に購入することが可能です。

代理店で16万5千円なのは、ProfessionalのAnnual(12ヶ月分)ですが、直営店で購入した場合、999ドル/年で購入することができます。

2020/03/30現在、1ドル=107.26円なので、999ドルだと、日本円で107,157円となります。

まとめると下記です。

代理店:165,000円

直営店:約107,157円($999)
※2020/03/30時点 小数点以下切り捨て

差額:57,843円

上記より、直営店で購入した方が5万円以上安いです。

とれも
直営店で購入した方がお得やんけ!代理店いらなくね?

と思った方もいるかと思うので、簡単に代理店と直営店の違いもまとめておきます。

代理店と直営店の違い

簡単に表にしてみました。

※代理店に併せてProfessionalプランを選択しています

 値段(1ヶ月プラン)値段(年間プラン)言語
代理店なし16万5千円日本語
直営店$159(約1万7千円)$999(約10万9千円)英語

先程も記載しましたが、値段は圧倒的に直営店のほうが安いです。そして、直営店の場合は1ヶ月単位で契約することも可能です。ただ、かなりの割高になので契約の際は1年契約がおすすめです。

そして、代理店で購入すると下記4点のサポートが付いてきます。

  1. 購入後の日本語によるサポート(あたりまえですが、代理店で購入した場合は対象外です)
  2. VYONDテクニック動画特別公開
  3. VYONDの著作物、権利関係に関する問い合せなどのサポート
  4. 日本向けの素材の提供サービス

ただ、上記サポートがついたとしても、5万円はぶっちゃけ高いです。むしろわからないことがあれば、僕に聞いてくれれば、タダで教えます。

ただ、直営店で購入するに当たり、問題点は直営店は全て英語ということです。英語が得意な方は大丈夫ですが、英語が苦手な方は、ためらってしまいますよね。

ですが、安心してください。今記事では画像つきで直営店で購入する方法を解説していきます。

さらに10%オフになるクーポン情報も併せて紹介するので、参考にしてみて下さい。

VYONDを直営店で購入する方法【画像あり】

VYONDを直営店で購入する方法手順は下記です。

  1. 14日間無料トライアルを利用
  2. 有料プランを契約

VYONDを購入する際に、最初に14日間の無料体験をする必要があります。そのあとに無料プランからアップグレードをしてVYONDを購入します。おそらく、一度無料体験をしないと購入できない仕様になっています。

もちろん無料体験に登録したからといって、14日間経たないと購入できないということはないので、早く利用したい方は、すぐにアップグレードすればOKです。

画像の順に進めていけば、5分程度で登録することができます。

では、順に説明していきますね。

とれも
登録時によくわかんない事があれば、Twitterでもコメントでもいいので聞いてくれれば教えます。また、VYONDの使い方も分かる範囲であれば教えますので、お気軽にどうぞ!

【ステップその1】14日間無料トライアルを利用

まずは14日間の無料トライアルに登録しましょう。

VYOND.comにログインして、右上の「Free Trial」をクリックしてログインします。

次に「SIGN UP WITH YOUR EMAIL ADDRESS」をクリックします。

表示されたら、こちらの画像のように個人情報を入力していってください。入力は基本ローマ字で入力して下さい。

Job Role(職種)は、上記から選択します。あまり見慣れない職種が多いですが、ない場合は「other」を選択すると入力欄が表示されるので、自分の職種を入力しましょう。僕は「other」を選択して「Engineer」と入力しました。ここは正直何でもOKです。

すべて入力して問題がなかったら、チェックを入れて「SIGN UP FOR A FREE TRIAL」をクリックします。

上記画像が表示されたらOKです。これで先程、個人情報入力時に入力したメールアドレスにメールが飛んでいるはずです。

メールアドレスに記載されているリンクをクリックして「Activate Your Account」をタップすれば無料トライアル登録完了です。

無料トライアルだと、下記内容は利用することができないので注意。

・作成動画を保存すること
・新しいキャラの作成
・動画プレビューのVYONDロゴの消去

なので、無料期間内に作ったとしても、動画を保存して、YOUTUBEにアップしたりすることは不可能です。動画を保存したい場合は、VYONDを購入する必要があります。

先程も記載しましたが、14日経たなくても有料プランに移行することができます。僕も軽く触って1分ぐらいですぐに有料プランに移行しました。

早速移行方法を解説していきます。

【ステップその2】有料プランを契約

次に無料プランから有料プランに移行していきます。

まずは、VYOND.comにログインして、トップ画面の右上アイコンをクリックして、表示される「Upgrade now」をクリックします。

プラン画面が表示されます。

プランはそれぞれ下記の特徴があります(Enterpriseは企業向けなので割愛します。)

Essential
$49/月
$299/年
・VYONDロゴあり
・720p解像度のダウンロード可能
・2つのテンプレート利用可能
Premium
$89/月
$649/年
・VYONDロゴなし
・720pと1080p解像度のダウンロード可能
・アニメーションGIFとしてエクスポート可能
・ライブチャットサポートあり
・3つのテンプレート利用可能
Professional
$159/月
$999/年
・複数人での共有利用が可能
・電話での個別サポートやライブチャットのサポートあり
・フォントのインポート可能
・現代のキャラクタークリエーター
・4つのテンプレート利用可能

YOUTUBEで動画をアップロードしてお金を稼ぎたいという方は「Professional」を選択すればOKです。

ちなみにややこしいのですが「Personal」の「Premium」と「Business」の「Premium」、「Business」の「Professional」と「Enterprise」の「Professional」は全く同じものなので、どちらを選択しても問題ありません。

契約期間はそれぞれ下記です。

Monthly($159):1ヶ月契約
Annual($999):1年契約

おすすめは、Annual(1年契約)です。と言うのも、長く使うなら単純に安いからです。Monthlyは1ヶ月$159なので、12ヶ月利用した場合は、$159×12ヶ月=$1908と、Annual(1年契約)の約2倍近くの値段がかかります。

ちなみに日本の代理店で販売されているのは「Professional」の「Annual」のみです。

とれも
僕も「Professional」の「Annual」で契約してるよ!

契約プランを決めたら、下記クーポンを入力しましょう。

クーポン:TAKE10

これで10%オフになります。

$899.10は日本円で約96,431円です。

2020/03/30時点

次に個人情報を入力していきます。こちらもローマ字で入力していきます。

https://kimini.jp/

上記の住所変換サイトを利用すれば、簡単にローマ字表記にしてくれます。あとは、コピペで貼り付ければ完了です。

最後にクレジットカード番号を入力すれば終わりです。残念ながらJCBカードは利用できないので、注意してください。

この画面が出れば有料プラン登録完了です。これで、VYONDを使い始めることができます。

日本語サポートが欲しい方はオンライン講座がおすすめ

安く買えるけど日本語じゃないのは不安だなあ…

という方もいると思います。そういう方は、代理店で買うよりも、オンライン講座AnimationHacksでの購入がおすすめです。

AnimationHacks
  • 講師が購入サポートをしてくれる
  • 指定リンクからの購入でAmazonギフト券1万円分キャッシュバック

チャンネル登録者数10万人超えのYouTuber・ハック大学さんが講師を務めていて、プロによるサポート付きで直営店より安くVYONDを購入することが可能です。

ただ、AnimationHacksを利用する際は、講座料金59,800円が別途かかりますが…

代理店(Animedemo.com)
⇨165,000円

オンライン講座(AnimationHacks)
⇨59,800円(講座料金)+96,431円(直営店購入料金)-10,000円(Amazonギフト券)=146,231円

※96,431円は2020/03/30現在の値段です

代理店よりも安く購入出来て、更に講師によるサポートや講座も受けることが出来るので、かなりお得なサービスかと思います。

-AnimationHacks- ホワイトボードアニメーション作成講座

最後に

VYONDの価格は正直高いです。ただ、先程も記載しましたが、値段が高いので、参入しづらいという点では、まだまだブルーオーシャンなのではないでしょうか。

僕もYOUTUBE始めたばかりのペーペーなので、これから始める方はお互い頑張りましょうね。

最後に値段と特徴を簡単にまとめておきます。

直営店(VYOND.com)
値段:96,431円(2020/03/30現在)
特徴:全て英語(購入手順はこちら)

代理店(Animedemo.com)
値段:165000円
特徴:日本語サポートあり

オンライン講座(AnimationHacks)
値段:146,231円(2020/03/30現在)
特徴:人気YouTuberの講座付き

以上「VYONDの価格は高い?安く購入する方法を解説【10%OFFクーポン情報あり】」でした。



当サイトおすすめ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)