▶【当サイト限定】1000円引きでデリバリーを利用する方法

ラストが衝撃!大どんでん返しのおすすめ映画11選!




こんにちは、とれも(@toremoro33)です。

いきなりですが、僕は映画の中でラストシーン、オチをかなり意識してみています。

というのも、最近やりたいことが多く、何かをしながら映画を見る「ながら映画」をすることが多いのですが、「ながら映画」をしていると、どうしても最後のシーンの印象が強くなってしまいます。

その中でも、「うそだろ!」と思うような、衝撃的な結末だった映画を僕なりにまとめたので紹介したいと思います。

おすすめ映画を紹介するYouTubeチャンネルを始めました。

大どんでん返し映画おすすめ7選|ラストが衝撃!【おすすめ映画】

気になった方は、良かったら、チャンネル登録よろしくお願いします。

ラストが衝撃!大どんでん返しのおすすめ映画11選!

ラストが衝撃的な大どん返しのおすすめ映画を紹介します。

『イニシエーションラブ』

『イニシエーションラブ』あらすじ

【Side-A】1980年代後半、バブル最盛期の静岡。就職活動中の大学生・鈴木は、友人に誘われ気乗りしないまま、合コンに参加。しかし、その席で、歯科助手のマユと運命的な出会いを果たす。奥手で恋愛経験がなかった鈴木だが、マユと出会って変わっていく。流行のヘアスタイル、オシャレな洋服、マユに釣り合う男性になろうと自分を磨く鈴木だったが…。【Side-B】二人だけの甘い時間も束の間、就職した鈴木は東京本社へ転勤となり、静岡にマユを置いて上京することに。それでも距離は二人の愛にとって障害にならないと、週末ごとに東京と静岡を行き来する鈴木。しかし、東京本社の同僚・美弥子との出会いを経て、心が揺れ始める… 引用:Amazon

『イニシエーションラブ』ポイント

パッケージには「最後の5分全てが覆る。あなたは必ず2回観る」書いてある通り、衝撃的な結末でした。この映画は映画館で見たのですが、その時の劇場内でのざわめきが今でも忘れられません。

大どんでん返し映画を見たいなら『イニシエーションラブ』がおすすめ!

とれも
一時期衝撃すぎて話題になった作品です。まさにキャッチコピー通りでした。2回目は観ていないですがw

『鑑定士と顔のない依頼人』

『鑑定士と顔のない依頼人』あらすじ

物語の始まりは、ある鑑定依頼。引き受けたのは、天才的鑑定眼をもち、世界中の美術品を仕切る一流オークショニア、ヴァージル・オールドマン。それは、資産家の両親が亡くなり、屋敷に遺された絵画や家具を査定してほしいという若い女性からの、ごくありふれた依頼のはずだった。 ところが──依頼人は嘘の口実を重ねて決して姿を現さない。ヴァージルは不審を抱きながらも、断ることが出来ない。なぜならその屋敷の床に、もしそれが本物なら歴史的発見となる、ある美術品の“一部”が転がっていたのだ。ヴァージルは密かに持ち帰った“一部”を調べると共に、依頼人の身辺を探るのだが、屋敷を訪れるたびに新たな謎と立ち向かうことになる。果たして奇妙な鑑定依頼の本当の目的とは──? 引用:Amazon

『鑑定士と顔のない依頼人』ポイント

おじいちゃんと美女のラブラブ感に珍しいこともあるんだなぁとか思っていたら、まさかの結末でした。なかなかきついです。トラウマになること必須な映画ではないでしょうか。

とれも
これはなんとなくラストが予想できました。切ない、ただただ切ないです。

『シャッター アイランド』

『シャッター アイランド』あらすじ

精神を病んだ犯罪者だけを収容し、四方八方を海に囲まれた「閉ざされた島(シャッター アイランド)」から一人の女が姿を消した。島全体に漂う不穏な空気、何かを隠した怪し気な職員たち、解けば解くほど深まる謎……。事件の捜査に訪れた連邦保安官テディがたどり着く驚愕の事実とは!? 引用:Amazon

『シャッター アイランド』ポイント

これも映画館で見たのですが、まさかすぎて思わず「えええええ!!」と叫んでしまいました笑 行方不明になった女性はどこにいるのか。ラストの展開には目が離せません。

そして、主演は、レオ様ことレオナルド・ディカプリオ、監督は映画界の巨匠 マーティン・スコセッシなので、それだけでも観る価値あり。

とれも
2回目観た時には全体的に違和感を感じました。そしてレオ様がかっこいい!

『ファイトクラブ』

『ファイトクラブ』あらすじ

ブラッド・ピット×デイビッド・フィンチャー監督が放つ、常識を、価値観を破壊するエンターテイメントの傑作! 引用:Amazon

『ファイトクラブ』ポイント

ドンデン返し映画の定番中の定番です。が、あるのは知っていたのですが、観る観る詐欺で、最近やっと観たのですが、もっと早く観とけばよかったと後悔するぐらい良い映画でした。

そして、なによりブラッド・ピットがかっこよすぎです。

とれも
これも観終わった後に点と点が繋がっていくんですよね。これはとんでもない作品です。

『ゴーンガール』

『ゴーンガール』あらすじ

『セブン』『ドラゴン・タトゥーの女』の鬼才デヴィッド・フィンチャーが描く男と女の刺激的サイコロジカル・スリラー あなたはこの衝撃の展開に耐えられますか!? 5回目の結婚記念日に姿を消した妻 ダイニング居間の大量の血痕 妻の日記 結婚記念日の宝探しのメッセージ   エイミーに何が起きたのか― 引用:Amazon

『ゴーンガール』ポイント

女性の怖さを再実感する映画でした。 『セブン』のデヴィッド・フィンチャー監督なので、なかなかの胸糞悪さですが、ストーリーはかなり楽しめました。 僕も誠実に生きたいと思いますw

この作品は珍しく、中盤でどんでんがえしを暴露します。ただ、それを含めてもラストまで衝撃的というすごい作品です。面白いので、ぜひチェックしてみてください。

とれも
『ゴーンガール』はめちゃくちゃ面白いです。観て損はない秀作です。

『カラスの親指』

『カラスの親指』あらすじ

悲しい過去を背負ったままサギ師になったタケ(阿部寛)と、成り行きでコンビを組むことになった新米サギ師のテツ(村上ショージ)。そんな2人の元に、ある日ひょんなことから河合やひろ(石原さとみ)と河合まひろ(能年玲奈)の美人姉妹、それにノッポの石屋貫太郎(小柳友)を加えた3人の若者が転がり込んでくる。彼らもまた、不幸な生い立ちのもと、ギリギリのところで生きてきたという。これをきっかけに始まる他人同士のちょっと奇妙な共同生活。やがて、タケが過去に起こしたある事件が、彼らを一世一代の大勝負へ導くことになるが、この時は誰一人、それを知る由もなかった…。社会のどん底で生きてきた5人の一発逆転劇。そして驚愕の真実が明かされる…。 引用:Amazon

『カラスの親指』ポイント

この映画は最後まで騙され続けました笑 この映画のストーリーもキャストも大好きだったので、映画を見た後に原作も読みました。正直、原作の方が良かったので、絶対映画から見てほしいで。原作→映画の順はおすすめしません笑

とれも
邦画は普段見ないのですが、ラストの大どんでん返しは凄いとしか言いようがないですね。

『フォーカス』

『フォーカス』あらすじ

超一流の詐欺師ニッキーは、とある高級ホテルのレストランで女詐欺師ジェスと出会う。ジェスは、ニッキーを騙そうとしたものの逆に彼の詐欺テクニックに魅了され、彼の一味に加る。詐欺師としてメキメキと頭角を表すジェス。しかし、最後の大きなヤマに勝った後、ニッキーは姿を消し・・・。 引用:Amazon

『フォーカス』ポイント

かなりクールで、かなり鮮やかに騙されました笑 最後の大どんでん返しは秀逸で、何が真実で何が嘘かわからなくなるような内容でした。テンポが良いので、観やすい作品です。そして、アクション映画とかではないのですが、ウィル・スミスの筋肉がやばいです。

とれも
ラストの展開は上手ですね。一気に持っていかれました。最初から最後までしっかり見てほしい一作。

『母なる証明』

『母なる証明』あらすじ

「殺人の追憶」「グエムル/漢江の怪物」のポン・ジュノ監督が手がけた3年ぶりの長編。国民的人気女優のキム・ヘジャ、5年ぶりの映画出演となるウォンビンが親子を熱演する。貧しいながらも幸せに暮らしていた親子であったが、ある日1人息子が警察に拘束されてしまう。殺人事件の容疑者にされてしまった息子の無実を信じ、孤立無援の母は悲しむ間もなく、たった1人で真相に迫ろうとするのだが……。 引用:映画.com

『母なる証明』ポイント

これは衝撃的な作品でした。『パラサイト 半地下の家族』のポン・ジュノ監督作品なのですが、僕は『母なる証明』の方が好みでした。

息子の無実を晴らすために必死に奔走する母親。ドンデン返しも圧巻。『パラサイト 半地下の家族』にハマった方は、ぜひ観てほしい一作。

とれも
『母なる証明』は、ここ最近見た映画の中でもトップクラスに面白かったです。どんでん返し映画として、紹介していますが、単純におすすめ映画としても観てほしい一作。

『エスター』

『エスター』あらすじ

孤児院の少女を養子に迎え入れた夫婦が、その日以来奇妙な出来事に遭遇する恐怖を描くサスペンス・ホラー。『蝋人形の館』のジャウム・コレット=セラ監督がメガホンを取り、実子を流産で亡くしたことへのトラウマと謎めいた養女に苦しめられる夫婦の姿を追う。悪魔の形相を見せる少女役の子役イザベル・ファーマンの熱演、ホラー作品を得意とするダーク・キャッスル・エンターテインメントによる一流の恐怖演出が観る者をとらえて離さない。 引用:シネマトゥデイ

『エスター』ポイント

『エスター』はめちゃくちゃく怖いです。どこかおかしい少女の行動に終始目が離せません。そして、ラストのどんでん返しは、

割とどんでん返し映画としては有名な作品ですので、まだ観たことがない方は、ぜひ一度観てみてください。そして、現在続編も製作中とのことです。早くみたいですね。

とれも
ちなみに続編のタイトルは『Ester』とのこと。本来、原題が孤児の意味であり『Orphan』で、邦題が『エスター』になってしまったので、ややこしくなっていますw邦題はどうするんですかね。『エスター ビギンズ』とかになるのかなwwww

『グッドナイト・マミー』

『グッドナイト・マミー』あらすじ

整形手術後別人のように豹変した母を名乗る女と、その正体を疑う双子の兄弟の息詰まる関係を描いたサイコスリラー。変わり果てた母をめぐり、兄弟をのみ込む狂気が膨れ上がっていくさまをクールな映像美で映し出し、シッチェス・カタロニア国際ファンタスティック映画祭など世界各地の映画祭を席巻した。『パラダイス』3部作の脚本を手掛けたヴェロニカ・フランツがメガホンを取り、包帯姿の母親を『ザ・ファイト 拳に込めたプライド』などのズザンネ・ヴーストが演じる。 引用:シネマトゥデイ

『グッドナイト・マミー』ポイント

子供って正直な生き物なんですよね。そして、容赦ないので偽物のお母さんを退治しようとします。そして、双子の少年たちは、白色のタンクトップを着ていて、どこか『ファニーゲーム』風です。おそらくオマージュなのではないでしょうか。

伏線回収もちょくちょくあるので、どんでん返しは人に寄っては、分かるかと思います。ただ、それを分かっても面白い作品なので、ぜひ最後まで御覧ください。

とれも
あいみょんも好きな作品だそうですwセンスいいですねww

『勝手にふるえてろ』

『勝手にふるえてろ』あらすじ

恋愛経験のない主人公のOLが2つの恋に悩み暴走する様を、松岡茉優の映画初主演で描くコメディ。OLのヨシカは同期の「ニ」からの突然の告白に「人生で初めて告られた!」とテンションがあがるが、「ニ」との関係にいまいち乗り切れず、中学時代から同級生の「イチ」への思いもいまだに引きずり続けていた。 引用:映画.com

『勝手にふるえてろ』ポイント

主人公は。松岡茉優演じるよしか。妄想癖を持っていて、趣味は絶滅動物を調べること。こじらせ女子であるよしかは、果たして、片思いのイチと付き合えるのか。それとも、同期の二と付きあるのか。

そして、作品の中核部分ではないですが、とんでもないどんでん返しが最高です。作品としても面白いので、ぜひ見てみてください。

とれも
松岡茉優初主演作品にして、この作品で、日本アカデミー賞で最優秀女優賞を取得しています。今、若手女優の中でトップクラスの演技力を誇る彼女の処女作を観て損はないかと思います。

最後に

おすすめのどんでん返し作品を紹介しました。観るとスッキリするものも多いので、ぜひ参考にしてみて下さい。

今回紹介した作品は、Amazonプライムでも配信されているものがいくつかあるので、プライム会員の方はチェックしてみてください。まだ、加入していない方は、プライム会員入らないと損レベルでお得なので、チェックしてみてください。

Amazonプライム会員について、詳しくは「【2020年】入らないと損!?Amazonプライム会員に加入するべき10個の理由!」に記載しています。

以上「ラストが衝撃!大どんでん返しのおすすめ映画11選!」でした。



当サイトおすすめ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)