【映画】園子温おすすめ作品まとめ!




こんにちは。とれも(@toremoro33)です。

みなさん園子温の作品は好きですか。

僕は邦画の中では断トツで園子温作品が大好きです。

特に『冷たい熱帯魚』という作品は大大大好きです(周りからはドン引きされますがw)

自殺サークル(2002年)

『自転車吐息』の園子温監督、石橋凌、永瀬正敏共演によるミステリーサイコホラー。新宿駅ホームで54人もの女子高生が一斉に投身自殺をした事件をきっかけに、各地で集団自殺が頻発し本格捜査が始まる。ショッキングな描写も交えた衝撃作品。 引用:Amazon

「それではみなさんさようなら。」このキャッチコピーの通り、冒頭に54人の女子高生が飛び込みます。

ここから全国各地で謎の集団自殺が始まります。その集団自殺の原因は何か…実は良く見かけるアレだった…

とれも
この作品が出た時、巷で話題になったのを覚えています。

愛のむきだし(2009年)

幼い頃に母を亡くし、神父の父テツと二人暮しのユウ。理想の女性“マリア”に巡り合うことを夢見ながら、平和な日々を送っていた。しかしテツが妖艶な女サオリに溺れてから生活は一変。やがてサオリがテツのもとを去ると、テツはユウに毎日「懺悔」を強要するようになる。父との繋がりを保つために盗撮という罪作りに没入していくユウ。そんな彼はある日、罰ゲームで女装している最中に、ついに理想の女性ヨーコと合うが……。 引用:Amazon

宗教にハマっていくうちに女装にハマり、ついには〇〇までも…

満島ひかりはこの作品でかなり知名度を上げました。約4時間ほどの映画なので、時間があるときにどうぞ。

とれも
AAAのにっし―がゆら帝の「空洞です」を歌うというゆら帝好きにはたまらない作品です。

「愛のむきだし」を見る

冷たい熱帯魚(2010年)

園子温監督による金字塔的傑作!熱帯魚店を営んでいる社本と妻の関係はすでに冷え切っており、家庭は不協和音を奏でていた。ある日、彼は人当たりが良く面倒見のいい同業者の村田と知り合い、やがて親しく付き合うようになる。だが、実は村田こそが周りの人間の命を奪う連続殺人犯だと社本が気付いたときはすでに遅く、取り返しのつかない状況に陥っていた。 引用:Amazon

邦画界の衝撃作の一つでもあります。近所にできた大型熱帯魚屋さんの店長がやり手で、老舗熱帯魚屋さんの家族が巻き込まれていきます。

かなりグロイのでグロが苦手な人は注意しましょう。

とれも
邦画の中で大好きな作品の一つです。

「冷たい熱帯魚」を見る

恋の罪(2011年)

水野美紀 × 冨樫真 × 神楽坂恵 3人の女たちの行き着く果て、誰も見たことのない壮絶な愛の地獄が始まる。 どしゃぶりの雨が降りしきる中、ラブホテル街のアパートで女の死体が発見される。事件を担当する女刑事・和子(水野美紀)は、仕事と幸せな家庭を持つにもかかわらず、愛人との関係を断てないでいた。謎の猟奇殺人事件を追ううちに、大学のエリート助教授・美津子(冨樫真)と、人気小説家を夫に持つ清楚で献身的な主婦・いずみ(神楽坂恵)の驚くべき秘密に触れ引き込まれていく和子。事件の裏に浮かび上がる真実とは……。3人の女たちの行き着く果て、誰も観たことのない愛の地獄が始まる……。 引用:Amazon

この作品もなかなかやばいですね。とにかく濡れ場が多い映画でもあります。

神楽坂恵さんの演技好きなんですよね。この映画だとソーセージのシーンは中毒があります。

とれも
実際の事件を元にしているらしく生々しい映画です。

「恋の罪」を見る

ヒミズ(2012年)

住田祐一、15歳。願いは「普通」の大人になること。茶沢景子、15歳。夢は、愛する人と守り守られ生きること。だが、そんな2人に日常は、ある”事件”をきっかけに一変。衝動的に父親を殺してしまった住田は、唯一の願いである、「普通の人生を全うすること」を諦め、そこからの人生を<オマケ人生>と名付け、世間の害悪となる悪人を殺していこうと決めたのだ。自ら未来を捨てることを選んだ住田に、茶沢は再び光を見せられるのか? 引用:Amazon

染谷将太主演のキチガイ映画です。ラストシーンがかなり印象深いですね。

とれも
怖いです(こなみ)

「ヒミズ」を見る

希望の国(2012年)

『冷たい熱帯魚』『恋の罪』『ヒミズ』の鬼才・園子温が新たに挑む衝撃の問題作!!―――見えない戦争――― 突然おとずれた不安、痛み、苦しみ、別れ…ただ、大切なものを守りたいだけ >>>東日本大震災から数年後の日本のとある町。小野家と鈴木家は隣り合い、つつましくも幸せに暮らしていた。ある日、大震災が発生、それにつづく原発事故が、生活を一変させる。原発から半径20キロ圏内が警戒区域に指定され、強制的に家を追われる鈴木家と、道路ひとつ隔てただけで避難区域外となる小野家。そんな中、小野家の息子・洋一の妻・いずみが妊娠、子を守りたい一心から、放射能への恐怖を募らせていく……。 引用:Amazon

東日本大震災後の原発圏内の一家にフォーカスを当てた作品で「そんなことないだろ」と思いながらも、実際にこういうことが起きてもおかしくない今の日本の現状を改めて考えさせられる作品でした。

とれも
あまり有名な作品じゃないですが、この作品は今後も語り継がれてほしい。

「希望の国」を見る

TOKYO TRIBE(2013年)

WELCOME TO “TOKYO BATTLE PARK(トーキョーバトルパーク)”!! 近未来のトーキョーでトライブ(族)たちの壮絶バトル勃発!トーキョーを制するのはどいつらだ!?オマエらの街、仲間、プライド、愛…すべてをかけて、東京を奪い合え!!近未来の “トーキョー”では様々なトライブ(族)が街を暴力で支配しながら自分たちの縄張りを守っていた。しかしある事件をきっかけに、トライブ同士の争いはかつてなく激化する。「ブクロWU-RONZ」のヘッド<メラ>と「ムサシノSARU」の<海(カイ)>。二人を取り巻く”トーキョー”中のトライブを巻き込んだ、激しく壮絶な一大バトルが今始まろうとしている 引用:Amazon

実際のラッパーも多数出演するので、ラップ好きはとりあえず見てください。

漫画も面白いので、併せて読んでほしいです。ブック放題で全巻読めるのでぜひ!

とれも
しょこたんも出るよww

「TOKYO TRIBE」を見る

ラブ&ピース(2015年)

楽器の部品会社で働くサラリーマン・鈴木良一(長谷川博己)は、以前はロックミュージシャンを目指していたが挫折し、それ以来うだつのあがらない毎日を過ごしていた。同僚の寺島裕子(麻生久美子)に想いを寄せているが、小心者すぎてまともに話すこともできない。しかし、ミドリガメ・ピカドンとの出会いが転機となり、良一の人生は怒涛の展開をみせ、日本じゅうを巻き込んでいく。その半年後、来る東京オリンピックのために作られた「日本スタジアム」で行われている、熱狂した観客に包まれた大人気ロックスターのライブ。そのスターは、自信に満ち溢れ、きらびやかに変貌した良一だった。そしてそんな良一を客席から見守る裕子。良一、裕子、ピカドン、謎の老人、おもちゃたち。愛を奪い返そうとする彼らの想いは、愛を背負った巨大な怪獣【LOVE】を東京の街に出現させ…。 引用:Amazon

なんとも不思議な作品です。ミドリガメのピカドンが大きくなったときの衝撃は忘れません。

とれも
落ちは個人的には大好きです

「ラブ&ピース」を見る

新宿スワン(2015年)

元スカウトマン・和久井健が自らの実体験を元に新宿・歌舞伎町を舞台にスカウトにかける男たちの熾烈な争いを描いた人気漫画『新宿スワン』を、超豪華キャストで実写映画化した作品。プロデューサーは『クローズZERO』シリーズ、『ルパン三世』など実現困難な企画にあえて立ち向かい大ヒットさせてきた山本又一朗。監督は『ヒミズ』『地獄でなぜ悪い』など、カルト的人気を誇る鬼才、園子温。 引用:Amazon

綾野剛、山田孝之、成田凌、金子ノブアキ等など、キャストが大好物です。

新宿歌舞伎町のキャッチにフォーカスを当てる作品って考えると中々ないですよね。

作者は実際にキャッチしてたのか気になるぐらい内容がリアルです。

とれも
新宿スマンⅡも面白いです。

「新宿スワン」を見る

ひそひそ星(2015年)

アンドロイドの鈴木洋子は、昭和レトロな内装の宇宙船にに乗り込み、滅びゆく絶滅種と認定されている人間たちに、大切な思い出の品などの荷物を届けるために、宇宙を何年も旅している。30デジベル以上の音をたてると人間が死ぬおそれがあるという“ひそひそ星”。洋子は注意深く音を立てないように、ある女性に配達をするのだが―。 引用:Amazon

漫画のような映画です。淡々とストーリーが進むどこか不思議な物語。園子温監督はこんな作品も作れるんですね。

とれも
主演は例の通り、神楽坂恵さんです。

「ひそひそ星」を見る

アンチポルノ(2016年)

小説家兼アーティストとして時代の寵児となった京子。
獄彩色の部屋に籠もり、マネージャー典子が伝えるスケジュールを分刻みでこなす毎日。
現実と虚構、サディズムとマゾヒズム、自由を不寛容、カリスマと奴隷…?
寝ても覚めても終わらない悪夢。私は京子なのか?京子を演じているのか?
虚構と現実の狭間で、京子の過去の秘密が明らかになっていく―。 引用:Amazon

一つの室内でほぼ完結する作品で、とにかくエロいですww

主演の冨手麻妙ちゃんの演技が上手くて一気にハマってしまいました。

とれも
この作品が出た時、ジャケが衝撃的すぎて巷で話題になりました。

「アンチポルノ」を見る

最後に

園子温監督のおすすめ作品を紹介しました。

他にもおすすめ作品があれば、随時更新していきたいと思います。




▽こちらの記事もよく読まれています▽

1.お金が欲しい方必見→【初心者でもOK】誰でも簡単に稼げる方法【ネットで副業】

2.無料で漫画が読めちゃいます→漫画を無料で読む方法【最新刊もOK】

3.無料で映画が見れちゃいます→映画を無料で見る方法【見放題】



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)